SEO内部対策指南~サイト構造編~


今回はSEO対策の内部対策、その中でもナビゲーション・サイト構造について取り上げます。

ナビゲーション改善とは

SEO対策の内部対策として、ナビゲーションの改善があります。ナビゲーションの改善とは分かりやすくいえば、

「サイトの構造を人にとっても、クローラーにとっても分かりやすいものにする」

ということです。クローラーとはGoogleが検索順位を決めるためにウェブサイトを巡回させて質を評価させるプログラムのことです。ナビゲーションの改善がSEO内部対策として有効であることは、Googleも公式に発表しています。

サイトのナビゲーションは、ユーザーが迅速に目的のコンテンツ にたどり着けるようにするために重要です。また、検索エンジンに とっても、ウェブマスターがどのコンテンツを重要と考えているの かを理解するのに役立ちます。Googleの検索結果はページ単位で 提供されますが、サイト全体という大きな視点から、そのページが どのような役割を果たしているのかについても、Googleは理解し たいと考えています。

「Google 検索エンジン最適化 スターターガイド」より引用

検索順位はページ単位で決定されるのですが、その際には「そのページがサイト全体という視点から見てどのような役割をはたすのか」をGoogleは見ているのです。

では、具体的にはどうすればよいのでしょうか?

 

トップページを基準に、構造化する

ナビゲーションの改善として、トップページを基準にサイト全体をツリー構造にすることがあげられます。

画像は「Google 検索エンジン最適化 スターターガイド」より引用

サイト内のページが増えれば増えるほど、カテゴリ分け、レベル分けにより人にもクローラーにも見やすい・分かりやすいサイト構造となります。

 

パン屑リストを作る

上記の構造化をしたら、それにともなって「パン屑リスト」を作るのがおすすめです。ユーザーの利便性が大きく増すことになり、サイトの質の向上策としてGoogleもこれを推奨しています。

ところでパン屑リストって何?という方もいるのではないでしょうか。名前は聞き慣れませんが、おそらくそのような方も実は目にしているのです。パン屑リストとは…

これのことです。サイトの構造化の後には、パン屑リストを設置しましょう。

 

サイトマップを2つ用意しよう

ウェブサイトにはサイトマップと呼ばれる全体の地図を用意しましょう。

その際、「ユーザー向け」と「クローラー向け」の2つを用意するようにしましょう。

画像は「Google 検索エンジン最適化 スターターガイド」より引用

上がユーザー向けのサイトマップ。これは大きなサイトならばよく見ますね。ユーザーの利便性の向上につながり、ひいてはGoogleにサイトの質の向上と判断してもらうことができます。

下がGoogle向けの「XMLサイトマップ」と呼ばれるものです。こちらはGoogleに送信することでサイト構造を伝えることができるものです。XMLサイトマップをGoogleに送信することで、

  • サイトを隅々までクローラーに巡回してもらえる
  • 新しくサイトを立ち上げた場合、Googleに巡回を依頼できる

というメリットがあります。詳しい作成方法は長くなるので別記事でまとめることにします。

 

まとめ

SEO内部対策のためにはナビゲーション・サイト構造を分かりやすいものにする必要があります。

その際には、

  • クローラー

の両方を対象とします。

ナビゲーション・サイト構造の改善は費用のかからないSEO内部対策です。必ず実践するようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 1 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)