SEOにおける「被リンク」とは?意味はある?


 SEO対策の外部施策として「被リンク数を増やす」というものがあります。以前から被リンク数は検索順位において1つの基準でした。しかし現在では被リンク数は検索順位に関係ないという噂もあります。実際のところはどうなのでしょうか?またなぜ昔は被リンク数が重要だったのに、今は関係ないという噂もあるのでしょうか?今回の記事ではSEO的観点から「被リンク」について掘り下げてみます。

被リンクとは?

 被リンクとは他のサイトに貼られた、自分のサイトへのリンクのことです。SEO対策の外部施策として被リンク数を増やすことが重要だと言われていました。これは被リンクが「ウェブサイトへの支持票」であるという見方に基づいています。被リンクがあるということは、他のサイトから引用されていたり、紹介されているということです。

多くのサイトからリンクが貼られている

→多くのサイトから支持されている

→ そのサイトは良質である

と判断できそうです。このような考え方により、検索エンジン側は被リンク数をサイトのランク付けの一指標としていました。

 

ブラックハットSEOと検索エンジンの進化

 先述のように被リンク数の増加はサイトの検索結果順位をあげるのにつながります。そこで出てきたのが、「たくさんの内容のないサイトを作り、そこから自分のサイトへのリンクを貼り、自分のサイトの被リンク数を増加させる」という行為です。金を払い業者をやとって、被リンク数を急激に上昇させるという行為が横行しました。このようなサイトの有益性の向上を伴わないような不正な検索順位の向上策「ブラックハットSEO」といいます。

 ブラックハットSEOの横行は検索エンジン側にとっては、ユーザーに有益な情報を提供できなくることになり、好ましい状況ではありません。Googleをはじめとした検索エンジンは日々進化しており、「良質なウェブサイト」を見抜く能力が日々向上しています。これにより、先に上げたような「形だけの被リンク数を増やす」という行為は通用しなくなりました。これが「被リンク数はもはや重要ではない」という噂がある理由です。

 

現在の被リンク数の重要性

 では、噂は本当なのでしょうか?結論を言ってしまえば、被リンク数は現在でも重要です。

 検索エンジンの進化により不正なSEO対策は通用しなくなりました。すなわち形だけの被リンク数がいくら増えても、それらはGoogleには見ぬかれてしまいます。しかしGoogleの検索プログラムは被リンク数を数だけで見ているだけではありません。リンク元サイトのの質や扱うテーマも見ているのです。良質なサイトからの被リンク・関連性の高いサイトからの被リンクは依然としてSEO対策の重要な指標です。検索エンジンは進化しており、リンク元サイトの質もサイトの評価に関わってくるのです。

 例えば…リンク元のサイトにはまた別のたくさんの被リンクがあり、ウェブサイトは網の目状に拡がっています。たくさんの被リンクを持つサイト(良質なサイト)からのリンクは、被リンクを持たないサイト(質の低いサイト)からの被リンクよりも価値があります。

 上の図で、左のサイトは直接の被リンク数2、右のサイトは直接の被リンク数5ですが、必ずしも右のサイトの方が良質であると判断されるわけではありません。

 

まとめ

  • 以前は被リンク数がSEOにおいて重要であった
  • しかし、形だけの被リンクを増やす不正なSEO対策が横行した
  • 対抗して検索エンジンは進化し、不正なSEOは通用しなくなった
  • 検索エンジンが見ているのは直接の被リンク数でけではない
  • 現在でも良質なサイトからの被リンクは依然としてSEO的観点から重要である

 依然として良質なサイトからの被リンクを集めることはSEO対策として有効です。このことを頭に入れてSEO対策を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)